アトピーの方のステロイドとの付き合い方とトフメルの効果的な使い方。

WS000001

アトピー性皮膚炎でお悩みの方は年々増加しているそうです。特にひどい症状の方は皮膚科を受診されて、ステロイドでの治療を進めている方も多いと思います。うまく、ステロイドを使用して、早く炎症症状を抑え、徐々にステロイドを減らし、保湿のスキンケアへ移行できればベストですが、そう簡単にいかないのがアトピーなんですよね。
今回はステロイドをやめたいと思っても、無謀なやめ方は危険なことや、ステロイドに代わる軟こうなどを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

アトピーの方の無謀な脱ステロイドは危険?

アトピー性皮膚炎の方で皮膚科ではステロイド軟こうが処方されることが多いです。ステロイドは上手に使用できれば、依存することもないですが、アトピーの場合は塗るのをやめると症状がぶり返してきて塗って治しての繰り返しになりやすいです。こうなるとステロイドを手放すことができなくなりますよね。そして、長期間使用し続けると皮膚も薄くなり、副腎皮質の機能も低下したりなどの副作用が心配ですよね。

そして、無謀にも急激に脱ステロイドをして、ものすごく症状を悪化させてしまう人もいるんです。酷い場合は全身に広がり、浸出液が垂れ、日常生活が困難になり、入院治療が必要になる人さえいます。そうならないように、皮膚科医としっかり相談しながら徐々に減量していくようにするのが良いです。

私の場合は妊娠を気にアトピーが悪化して、その時から皮膚科でステロイド治療をしていました。現在では徐々にステロイドの強さを落とし、塗る範囲や頻度も減り真下。今は入浴後にかゆいところにちょこっと塗る程度です。あとは保湿。
しかし、手の指だけはボロボロなんです。仕事がら手を良く使います。手洗いも多いです。薬を塗ってもすぐにのいてしまいます。
ステロイドだから頻回には塗りたくないですしね。

で、今回は手の指の傷を治してやる!と思い立ち、トフメルA軟こうを使用することにしました。

 

アトピーの方へおすすめの軟こうトフメルとは?

アトピーの治療にはステロイド軟こう以外に様々なものが使われます。
私の住む地域の漢方薬局の店主はアトピーの治療に力を入れています。
漢方薬を飲みつつ、酵素やカルシウムも摂取して、患部には保湿ローションで湿布したり、浸出液が出る部位にはトフメルを使用します。
私も子どものころに何度かお世話になりました。しかし、どーしてもあの漢方薬は子どもには辛すぎました。
子どものころ、私はその漢方薬を『運動場の土』みたいだと言ってました。それくらい不味いです。
しかし、母がお金を払って治そうとしてくれていたのもわかっていたので頑張って飲んでました。高校生になるころには症状はだいぶ落ち着いていました。

この薬局がすすめる治療の中で『トフメル』が使用されるんです。

<<トフメルA軟こうとは?>>
トフメルとは三宝製薬が70年くらい前に発売した軟こうです。すんごい長い歴史ですよね。
一般的には家庭の常備薬として知られていると思います。
擦り傷や、切り傷などの日常生活の中でできた傷や、やけどなどの怪我にも対応できます。
トフメルAは、そのような傷口を殺菌・消毒するほか、ひびやあかぎれなどにも効果のある外傷用の軟膏で、ご家庭の常備薬として役立っています。
※ステロイドは配合されてないです。

【特長】
1.酸化亜鉛は創傷面やただれなどのびらん面の分泌物を吸収・乾燥させ、治癒を早め、被膜を作っ
て患部を保護。
2.dl―カンフルは皮ふの血行を良くし、炎症・かゆみを鎮め、広範囲抗菌スペクトルの塩酸クロ
ルヘキシジンは細菌の感染を防ぎ、人の皮脂に近いとされる精製ラノリンは患部の分泌物を吸収し
そこに留めて治癒を早めます。
3.乳幼児からお年寄りまで安心して使え、ご家庭の常備薬として大変重宝します。

スポンサードリンク

この効能を見ているとアトピーにも使えそうなのが分かりますよね。
・アトピーの炎症を抑える
・アトピーの痒みを抑える
・細菌の感染を防ぐ
・黄色い浸出液を吸収します
・血行がよくなると皮膚の代謝もupします

私の手の指の傷は今でも浸出液を出しています。そして、関節部には亀裂が入り、皮膚はゴワゴワです。
ここにトフメルを塗っていこうと思います。

効果的なトフメルの使用方法について以下にまとめてみました。

 

アトピーの方がトフメルを使用する時の効果的な使い方とは?

トフメルは患部に擦り込むように塗るといいようです。
浸出液がじわじわ出ている部分は浸出液を拭き取った後にトフメルを塗りこみ、さらに少し多めに塗ってその上からラップを張るといいです。
手の場合、患部に刷り込んでひどい部分には重ねて塗って、その上からビニール手袋を履いて寝るとさらに効果的です。
入浴時にはきれいに患部を洗って、その上から塗りこむようにしましょう。

トフメルの用途
上記にあるように、トフメルは乳幼児でも使用できます。
赤ちゃんの頃の皮膚トラブルといえば乳児湿疹や、オムツかぶれなんかがありますよね。
あと、火傷をして水泡がさけたあと、患部を保護するためにトフメルを絆創膏のガーゼ部分に塗ってそのまま絆創膏を巻くとかするのもいいそうです。

トフメルは常備薬として大活躍しそうですよね。

なんで、実家になかったんだろう・・・。

まとめ

トフメルは販売店がけっこう限られているようです。
私の地域ではレディ薬局、メディコ、コスモス、MAC、マツモトキヨシなどがありますが。
今のところMACにあるのは確認してます。
どうしても近くの薬局で販売していないなら、楽天市場などのネットショップでも取り扱っているので見てみてください。

 

ステロイドを軽減していく際にも活躍しそうですよね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ビジネス

  1. 53d6cfae0180c5d91ce80257a393369d_s

    仕事のパフォーマンスを向上する為の休息の効果的な取り方とリズム

    仕事で日頃から残業しまくりで、十分な休息も取れず、疲れがたまっている方多いと思います。残業して時間を…
  2. 53d6cfae0180c5d91ce80257a393369d_s

    働きすぎていると「仕事ができない人」になる理由とは?

    勤勉な国民性だといわれることの多い日本人ですが、その長時間労働は世界的にも有名ですよね。 しかし、…
  3. 15f75c267d67bd522a58bca32ef0d897_s

    ボーナスの使い道、これからの独身女性は投資や海外一人旅がお勧め!

    ボーナスの季節がやってきましたね。今年はどれくらいもらえるのかなぁとのんびり待ってる方は良いですが、…

アトピーの方へ

  1. WS000000

    アトピーに対するプロトピックの効果や副作用、脱プロトピックの経過は?

    アトピー性皮膚炎の治療では長年、ステロイドが使われてきました。それは現在でも多くの皮膚科ではステロイ…
  2. 4f07a84ed585cca2623603709ee15b60_s

    ディズニー・ハロウィーン2016年の期間と混雑予想、仮装におすすめの通販紹介!

    夏休みも終わり、いよいよディズニーではディズニー・ハロウィーンのイベントがやってきますね。ディズニー…
  3. WS000000

    ディズニーハロウィンの限定グルメ・グッズを紹介!

    いよいよ明日からディズニー・ハロウィーンの期間が始まりますね。ディズニーファンは楽しみにしている方も…
  4. 4f07a84ed585cca2623603709ee15b60_s

    ハロウィンイベント、東京のおすすめは渋谷・池袋・スカイツリー!

    ハロウィンが近づいてきましたね。ハロウィンでイベントに参加して、はしゃぎたいあなた!東京でもたくさん…
  5. WS000014

    ハロウィン弁当、簡単オバケおにぎり、おかず、デザートのレシピ!

    ハロウィンの季節がやってきましたね。子供たちの遠足や毎日のお弁当にもハロウィンの雰囲気を取り入れてか…
スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. d6d02cbc1705ca6fea8a7325f7e22f9d_s
    季節も移り変わり、アウトドアに最適な気持ちの良い季節になりましたね。ゴールデンウィークも近づき、バー…
  2. 930e2c15abac95003d4168853cfc51d9_s
    ほおずき市って聞いたことありますか?気になってるけど、いったことない。なんでほおずきが売られているの…
  3. daisy-342727_1280
    腸内フローラが話題となり、肌の調子を整えたり、ダイエットをサポートしたりと腸内フローラの改善は日本中…
  4. c6e7ed37730f57029dc3f07d055de182_s
    もうすぐ夏休み!子供たちの中には夏休みのお出かけを楽しみにしている子も多いでしょう。お父さんお母さん…
  5. WS000011
    アトピー性皮膚炎でお悩みの方って多いですよね。花粉症・喘息に並ぶ三大アレルギー疾患の一つがアレルギー…
  6. 26e8524da89609670abcbbc37a343268_s
    今年もだんだんと暑くなってきましたね。最近では5月からすでに30度超える真夏日なんてザラにありますよ…
  7. 59df4bdd839f61cd6c4c4c87776648ff_s
    眼や鼻から花粉が侵入すると、免疫細胞は花粉=外敵と勘違いし、過剰に反応します。すると肥満細胞から「ヒ…
ページ上部へ戻る